Read Article

大谷翔平の162キロは164~165キロまで速くなる!?【二刀流】

大谷翔平の162キロは164~165キロまで速くなる!?【二刀流】

大谷翔平がマツダオールスターゲーム2014で162キロを出したことは世間で話題になっている。元巨人のクルーン投手が記録した162キロには並んだ。日本人投手では最速だ。潜在能力が計り知れない20歳は一体どこまで球速が伸びるのか?

理論上では164~165キロまで球速が速くなる!?

実際、バッターボックスに立つと160キロ台の速球はどんな風に見えるのか?野球解説者の江本孟紀氏が言う。江本氏が現役時代は、まだスピードガンがない頃の速球投手といえば江夏豊で、150キロ後半はあったという。そのくらいの球速になると投手が腕を振った瞬間、ボールを見失ってしまう。江本氏がバッターボックスに立った時もぜんぜんボールが見えなかったらしい。大谷翔平の162キロはそれくらい速いのだ。

7月19日のオールスター戦で大谷翔平が投げた21球のストレートのうち、160キロ超は12球もあった。これだけの剛球を投げられるのには大谷ならではの理由があった大谷翔平 162キロ 164キロ 165キロ メジャー一般に、投手は筋力トレーニングだけで球のスピードアップはできない。江本氏によると、「第一に身体が大きいことが条件です。先日、大谷君と会いましたが、身長190センチの僕と並んでもまだ大きい。(大谷は193センチ)。もちろん、長身というだけではダメで肩が強くないといけませんが、彼は並外れた強肩ときている。あれだけ身体に恵まれている日本人選手はそういません」こう語る江本氏も190センチあるのにさらに大谷翔平は身体が大きい。

164~165キロまでは速くなる

大谷翔平はこの身体を活かして高校時代にすでに160キロの速球を投げていたが、当時はコントロールにバラつきがあった。それが変わったのはプロ2年目の2014年。一見して身体全体のバネが強くなり、腕をしならせて投げることができるようになった。そうすることで球にキレが生まれて、さらに速くなった。162キロはその結果。大谷の記録はクルーンと同じだが、クルーンはただ力任せに投げている感じがしたという。しかし、今の大谷翔平はフォームが違うのだ。さらに今後、大谷翔平が球速を伸ばすために絶対必要なのが強靭な下半身大きな身体、強い肩に体のバネ、そしてこれらを支える下半身、つまり足腰を作ることができれば、164~165キロは出る

メジャー挑戦には身体づくりが絶対必要

大谷翔平は6年後にメジャー挑戦を掲げているが、メジャーの最速は171キロを記録したチャップマンをはじめ、162キロ以上を投げる投手が10人以上いる。大谷は彼らと肩を並べられるだろうか?

結論は、このままでは不可能に近い。

それは、まだ大谷は投手としては力不足であるということ。今シーズンも足がケイレンした場面が見られて、足腰の強化が不足しているということが分かる。速球も体力がないと途中で遅くなり簡単に打たれてしまう。ダルビッシュはメジャー入りのために体重を10キロ増やした経験がある。大谷翔平も走り込みや投げ込みを2~3倍に増やさないとメジャーでは埋もれてしまう危険性がある。

そろそろ投手一本に絞る時が来たのか。

【アプリリリース告知】

ついにプロ野球ニュース速報のアプリ版が登場!

最新コラムのほか、勝敗予想ゲームでユーザー間の勝敗的中率を競い合おう!

【Google Play公式アプリ】

https://play.google.com/store/apps/details?id=baseball.d_sert.com.baseballap

iOS版も順次公開予定

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

Return Top