Read Article

【驚愕事実】原辰徳監督と故人・原貢は歪んだ親子関係だった!?家族愛!?

【驚愕事実】原辰徳監督と故人・原貢は歪んだ親子関係だった!?家族愛!?

5月29日、東海大系列校野球部総監督・原貢さん(享年79)が逝去した。言わずと知れた巨人・原辰徳監督(55)の実父である。「父子鷹」として名をはせた親子だったが、その裏側では複雑な感情が二人の中にあったという。7月14日、原貢さんの「お別れ会」が、東京ドームホテルで開かれることになった。今や巨人のエースとなった実孫の菅野智之(24)をはじめ、日本球界から数多くの愛弟子たちが集まって故人との別れを惜しんだ。原辰徳監督にとって偉大な尊敬できる父であり、そして厳格な指導者でもあった。「もし親父がいなかったら今の自分はいない」と言い切ったこともあるほどだ。原辰徳監督 原貢 親子

原監督が東海大相模高校野球部に所属していた74~76年、チームの監督を務めていたのが父の貢氏である。当時はメディアに「父子鷹」として多く取り上げられていて大きな話題を呼んだ。しかし、実情はそんな美談では済まされないようなものだった。正常な父と子の関係など全く存在しなかった。

原監督は”生きる”か”死ぬか”の思いで高校時代を過ごしていた!?

実は、数年前、貢さんが生前前の話だが原監督が唐突に、ある親しいプロ野球関係者だけに実父に対する思いを話したことがあった。原監督は、「そりゃあ、もうあの時の俺は生きるか死ぬかよ。チームメイトの前で父親にバッコン、バッコンと拳骨で殴られるんだからね。この人は本当に俺の親父なのかと悩んだこともあったよ」このように当時を振り返った。貢さん自身も親子だからといって甘やかすのは他のチームメイトに示しがつかないと考えての行動だったに違いないが、やりすぎだと周囲は振り返っている。時には、殴りすぎて、悶絶している我が子の顔をスパイクで踏みつけることもあったそうだ。原辰徳監督 原貢 親子原監督自身も、当時は辛すぎて心に限界が来てしまって、「あのクソ親父に殺意が芽生えた。」と思ってしまったこともあるという。もちろんそんなことはできないと本人は分かっていたが・・・原辰徳監督 原貢 親子この回想話を話すときに山口鉄也(30)の名前を上げて、こう続けた。「山口のことは認めているよ。認めているんだけど、今、あいつに同じことをしたら、あいつ、死んじゃうよ!」これほどまでに今まで与え続けられてきた地獄は相当なものだとわかる。殺意が芽生えるほど地獄だったが、父親の愛情を感じる場面もある。それは、オフシーズンの毎年末に寮生活を離れて実家へ一時帰宅した時、「家に戻ってくると親父は野球の話は一切しない。食卓で一緒に座ると「おい、これも食べろよ」と言って笑いながら、目の前に並んだおかずを勧めてくれる。」と。原辰徳監督 原貢 親子とても厳しい貢さんはやはり原監督をいちばん思ってくれる大切な親父なんだと実感したそうだ。こうして父親の独特の教育法で現在の原辰徳が存在している。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

Return Top