Read Article

プロ野球FA選手外国人選手2015年12球団の新戦力を徹底解説!

プロ野球FA選手外国人選手2015年12球団の新戦力を徹底解説!

今回は2015年から新しいチームで活躍が期待されるFA選手、外国人選手の新戦力について書こうと思います。

・トニ・ブランコ(DeNA→オリックス)

プロ野球 FA選手 外国人選手 2015年 12球団 新戦力 徹底解説

個人的に一番きになっているのがオリックスに入団したブランコ選手です。

昨年は怪我で活躍できた試合が少なかったことでDeNAを退団という形になりました。

2015年は本人の意向もありDHのあるオリックスでのプレーが決まりました。

パリーグはDH制で守備をしない機会が増えますので、怪我の負担は減ると思うのでペーニャの穴を埋めてほしいものですね

・バリントン(広島→オリックス)

プロ野球 FA選手 外国人選手 2015年 12球団 新戦力 徹底解説

続いてもオリックスの大型補強です。広島を自由契約になったバリントン投手もオリックス入りとなりました。

バリントン投手といえば制球力が武器で2桁勝利も複数回ある実績のある投手です。

ただ、外国人投手にはディクソン投手もいるのでそこをどう扱うかは気になるところです。

・中島裕之(アスレチックス→オリックス)

プロ野球 FA選手 外国人選手 2015年 12球団 新戦力 徹底解説

またしてもオリックスの大型補強です。アスレチックスを自由契約になった中島選手もオリックス入りとなりました。

三塁が手薄な阪神も興味を示していたらしいのですが争奪戦を勝利してオリックスとなりました。

本職は遊撃となっていますが年齢を考慮すると三塁でしょうか。遊撃を安達と半々、三塁を小谷野と半々になると個人的には予想しています。

・小谷野栄一(日本ハム→オリックス)

プロ野球 FA選手 外国人選手 2015年 12球団 新戦力 徹底解説

オリックス大型補強四天王4人目は小谷野選手です。

小谷野選手は日本ハムの栗山監督が行った若手重視の選手起用法に不満があったという噂もあります。

確かに近藤健介選手を贔屓しすぎているとは自分もそう感じました。

オリックスでは三塁をヘルマン選手との併用、一塁をT-岡田選手との併用になるかと思われます。

全球団での鬱憤を新天地で晴らしてほしいものですね。

・大引啓次(日本ハム→ヤクルト)

プロ野球 FA選手 外国人選手 2015年 12球団 新戦力 徹底解説

栗山監督造反組というと大引選手もその一人といっていいでしょう。

大引選手は遊撃手ですがまたしても栗山監督の近藤選手への偏愛で近藤選手に慣れない遊撃を守らせたことが移籍理由という噂もあります。

ヤクルトは遊撃手探しに苦労していて2014年も森岡谷内等色々試して固定できなかったのでいい補強だったのではないかと思います。

・成瀬善久(ロッテ→ヤクルト)

プロ野球 FA選手 外国人選手 2015年 12球団 新戦力 徹底解説

ヤクルトの大型補強といえば成瀬投手もヤクルト入りしましたね。しかしながら成瀬投手のピッチングスタイルとヤクルトの本拠地である神宮球場の相性が悪いのでそこが不安です。

成瀬投手は過去に3回年間最多被本塁打投手になったことがあります。

そして成瀬投手の得意な球場はヤフオクドームです。

つまり成瀬投手は典型的なフライピッチャーなので狭くてHRが出やすい神宮球場では散々な成績になるのではないかと予想されます。

・相川亮二(ヤクルト→巨人)

プロ野球 FA選手 外国人選手 2015年 12球団 新戦力 徹底解説

大引選手、成瀬投手とヤクルトに入ってきた選手を紹介してきましたが。ヤクルトを出る選手もいます。それが相川選手です。

後ほど述べますが中村選手の一本立ちと小川監督の退任が移籍理由かと思われます。

相川選手は巨人へ入りますが巨人で求められる役割は同じ捕手の小林選手の教育係兼バックアップでしょう。

実際、2014年ヤクルトの時も中村選手の次に出場試合数が多かったことからも立ち位置的に若手選手の補佐役としての能力は高いと思います。

かといって若手選手を完全に脅かす程度ではないというのも小林選手を育てたい巨人としては願ったりかなったりでしょう。

・金城龍彦(DeNA→巨人)

プロ野球 FA選手 外国人選手 2015年 12球団 新戦力 徹底解説

巨人に入った選手といえばDeNAの金城選手もその一人です。

巨人での役割は左の代打、終盤の守備固め、長野選手の怪我の回復が遅れた時の日替わり外野の一角といったところでしょうか。金城選手も相川選手同様昔の巨人の補強にありがちなエース主砲集めではなく、あくまでも欠けた部分の最低限の穴埋めにとどまっています。

既存選手を極度に脅かすわけではないけれど既存選手の競争心を焚きつける。

また、金城選手の移籍はDeNA球団の功労者への冷遇という負の一面も見せているのも事実です。

金城選手は長年横浜の生え抜きとして活躍してきましたが数字の衰えだけで大幅減俸を提示されたのを不満として退団したと噂されています。

確かに数字だけ見たらそうなのですが数字には表せない精神的支柱としての役割を汲んでもう少し優しくしてもよかったのではないかとも思います。

過去にも佐伯選手や多村選手(多村選手は戻ってきてくれましたが)に愛想をつかされたこともあるので正直学習してないなとさえ思えましたね。

以上が今回は2015年から新しいチームで活躍が期待される主力級選手です。みなさんはどの選手に期待していますか?

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

Return Top