Read Article

プロ野球セ・リーグ順位予想2015年(ガチ予想):かりんとう佐藤氏

プロ野球セ・リーグ順位予想2015年(ガチ予想):かりんとう佐藤氏

どうも、初めまして!かりんとう佐藤です。

今回はプロ野球2015年の順位予想について書こうと思います。

今回はセ・リーグの順位予想をしようと思います。個人的な予想としては以下のようになります。

1位:巨人
2位:阪神/広島
3位:中日/広島/阪神
4位:中日/広島
5位:DeNA/ヤクルト
6位:De/ヤクルト

理由はこんな感じ

1位は去年と同じ巨人

理由は非常に残念なことではありますが他球団で巨人を脅かすだけの存在がいないという消去法です。とは言え巨人も大物選手の補強をしたわけでありません。

金城相川のベテランの補強で最低限の穴だけ埋めて現状戦力の底上げで既存選手の競争意識を高めるようにしています。去年と同じで苦しみながらの優勝かとは思います。

他に注目する点はやはり阿部の一塁転向でしょうか。

打てる捕手がいなくなるのはもったいない等の否定的な意見もありますが捕手という怪我の多いポジションと過去に阿部が怪我をしたことを考えると打力がある選手が長く選手を続けることは悪いことではないかなと思います。阿部慎之介 一塁

阿部慎之助は引退のリスク・危機!?原巨人崩壊寸前の理由とは?http://xn--zck9a9a5cvb1fu626a0r4bs4yc8rd.jp/?p=785

2位3位は広島もしくは阪神

阪神は鳥谷の流出如何によっては順位後退もあるかとも思いますが今のところ動きが分からないので暫定的にAクラスということで。

しかし確率こそ低いですが老朽化した中継ぎベテラン投手の総不振、二年目になり研究されて去年1年目の呉・ゴメスの外国人が成績を著しく落とす等のマイナス要素が両方同時に起きればBクラスもあるのかとそうそう起きるかと言えば難しいでしょう。

広島はバリントンがオリックスへ移籍しましたが黒田復帰でバリントンの穴埋め場合によってはバリントン以上の活躍があれば2位も見えるかと思ったのですが黒田の年齢を考慮するとそこまで期待するのは酷なのかなといった感じでしょうか。

また、ミコライオの後釜でヒースが抑えをやるという話も出ていますがまだ蓋を開けてみないと分からない未知数なところもあるのでそこもすでに結果を残した呉がいる阪神と比べると後手を踏みそうだという判断で3位近辺としました。プロ野球 セ・リーグ 順位予想 2015

中日は4位もしくは3位としましたが3位は前述の広島が黒田とヒースの著しい不振による棚ぼた的浮上の可能性を考慮しての3位としました。正直なところ現有戦力で去年よりも上積みできそうな期待感はそこまでないですね。

自力での3位はなく他力本願といった感じでしょうか。

かといって5位6位が4位になる(DeNAは脅かしこそしたのですが結局終盤ヘタれて最下位脱出でいっぱいいっぱいだったので今年もそうでしょう)のもあまり考えられません。

他に浮沈を大きく左右させる要素があるとするなら年俸でゴネた大島選手でしょうか。

プロ野球 セ・リーグ 順位予想 2015

確かに大島選手も盗塁成功率の低さなど悪い面もありましたがあまりにも重箱の隅をつつきすぎた辛すぎる査定で今後のモチベーションに大きな影響を与えたと思います。

なので激辛査定でを引きずって成績が下がることも予想されますし将来的に移籍もあるのではないかと思っています。

あと、これは個人的なことになりますが岩瀬投手の日本球界では誰も達成したことがない1000試合登板は達成してほしいなとは思っています。

5位6位の最下位争いは泥沼化するだろうと考えています。理由は昨年もそうでしたが両球団とも上位に進出するための戦力がないからです。

DeNAは不安要素としてブランコが抜けたことによる穴をロペスでは埋められないということと失策数の多さが足を引っ張ると思います。長年の課題であった投手は去年井納と久保が2桁勝利を挙げましたが井納は初の2桁勝利で一発屋という可能性もあります。久保は35歳になるので同じスペックを期待するのは酷かと思います。モスコーソは2年目の外国人ということで攻略される可能性があります。

プロ野球 セ・リーグ 順位予想 2015

攻撃にしても梶谷荒波と足のある選手はいるのですが前述のロペスがブランコの穴を完全に埋められそうにないのでブランコがいた去年一昨年以上に投壊貧打でいつもの横浜に戻る可能性は低くないと思います。

ヤクルトにしても横浜とどっこいどっこいだと思います。先発補強で獲得した成瀬は被本塁打の多さからも分かるようにフライピッチャーです。

なので移籍するなら広大なドーム球場のある球団こそ適任だったのですが何をトチ狂ったのか本塁打がよく出る神宮が本拠地のヤクルトへの移籍なので被本塁打は増えること間違いなしでしょう。

裏を返せば横浜にしてみれば成瀬が先発する試合は成瀬キラーの多村を使い確実に取りに行かないといけないでしょう。去年一昨年同様カモからは確実に取らないといけません。

プロ野球 セ・リーグ 順位予想 2015

それこそ広島が5位をキープし続けたように・・・。

逆に内野守備力の向上として大引が来たのはプラスでしょう。基本は森岡の上位互換でしょうが三塁で最多失策を犯した川端を懲罰交代させてもいいでしょう。ただ、野手で不安なのが両外国人の怪我でしょう。復帰が出遅れたらそれこそそれまでは打つけど投壊だったのが横浜同様投壊貧打のチームになるでしょう。

以上が私のセ・リーグ順位予想です。かなりありきたりで面白味のない予想になってしまいましたがみなさんはどう予想されますか?

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

Return Top