Read Article

プロ野球のフランチャイズ制・移転とは?球場の変遷史

プロ野球のフランチャイズ制・移転とは?球場の変遷史

プロ野球フランチャイズとは?わかりやすく解説!

現在、日本にはプロ野球チームが十二チームあります。しばらく前までのプロ野球の各チームは企業がスポンサーになって運営していたため、企業の本社があった関東や関西に集中していました。現在は北は北海道から南は九州まで、バランスよく広がっている感じがします。各球団が創設された当初は別として、私が物心ついた昭和五十年頃には、地方にフランチャイズを持つ球団は数えるほどしかありませんでした。朧ろ気な記憶を元に、フランチャイズについて書きます。フランチャイズが動いていない球団から先にあげていきます。

セントラル・リーグ

阪神タイガースはずっと甲子園球場です。

プロ野球 フランチャイズ制 移転 とは 球場の変遷史

読売ジャイアンツは後楽園球場で現在は東京ドームです。プロ野球 フランチャイズ制 移転 とは 球場の変遷史

中日ドラゴンズは中日球場で現在は名古屋ドームです。プロ野球 フランチャイズ制 移転 とは 球場の変遷史

広島カープは移転新設しましたが広島市民球場です。プロ野球 フランチャイズ制 移転 とは 球場の変遷史

ヤクルトスワローズはずっと関東で現在は神宮球場です。プロ野球 フランチャイズ制 移転 とは 球場の変遷史

横浜ベイスターズは親会社が大洋漁業のときの一時期、山口県の下関市にフランチャイズを持っていたことがありますが、ほとんど横浜球場で現在は横浜スタジアムです。

ここまで関東三つ、関西一つ、中部一つ、中国一つです。セントラル・リーグはスポンサーが変わっても、ほとんどフランチャイズは動いていません。

パシフィック・リーグ

千葉ロッテマリーンズはずっと関東で現在は千葉マリンスタジアムです。

日本ハムファイターズはしばらく後楽園球場から東京ドームでした。

読売ジャイアンツと共用していたのです。初めて知ったときには驚きました。

プロ野球球場の歴史を解説

両チームが日本シリーズで戦ったときは、ずっと同じ球場でした。普段は日本ハムファイターズもホームグラウンドとしてペナントレースを戦っていたのでしょうけれど、その試合をテレビで見たことがなかったので、ずっと読売ジャイアンツがホームグラウンドで戦っているような不思議な感覚でした。現在は北海道の札幌ドームに移転していて、北海道日本ハムファイターズが正式な名称になっています。

西武ライオンズは福岡にフランチャイズがあったクラウンライターライオンズを西武が買収して、フランチャイズを埼玉の西武球場に移転して、現在は西武ドームです。プロ野球 フランチャイズ制 移転 とは 球場の変遷史

福岡ソフトバンクホークスは関西圏の電鉄会社がスポンサーだった南海ホークスをダイエーが買収して、フランチャイズを福岡の平和台球場に移転して、現在はソフトバンクがスポンサーでフランチャイズは後に新設したヤフオクドームです。プロ野球 フランチャイズ制 移転 とは 球場の変遷史

オリックスバッファローズを語るには、前身の阪急ブレーブスと近鉄バッファローズについて語ることになります。いずれも関西圏の電鉄会社がスポンサーだったため、それぞれ関西に球場を持っていました。まず阪急ブレーブスがオリックスに買収されて、オリックスブルーウェーブというチーム名になりました。フランチャイズは西宮球場から神戸グリーンスタジアムへ移転しました。

そしてしばらくして近鉄バッファローズもオリックスが買収したのですが、一つの会社が二チームを運営するのが問題となり、存続球団名はオリックスバッファローズになりました。フランチャイズは現在、京セラドームです。プロ野球 フランチャイズ制 移転 とは 球場の変遷史

記憶に新しい楽天誕生の年

そこでパシフィック・リーグが五チーム制になる危機もありました。その際に始めにスポンサーとして手を上げかけたのはライブドアでした。でも会社の不祥事が問題となり、結局楽天がスポンサーになりました。オリックスブルーウェーブと近鉄バッファローズが合併することによって戦力外になった選手を楽天が拾い上げ、現在の東北楽天ゴールデンイーグルスがフランチャイズを仙台に置いて誕生したという、込み入ったいきさつがあります。プロ野球 フランチャイズ制 移転 とは 球場の変遷史

こうして見るとパシフィック・リーグは千葉ロッテマリーンズ以外は、かなり移動があったことがわかります。具体的にチーム名を書いていくと、以前は関東にロッテ、日本ハムの二つ、関西に阪急、近鉄、南海の三つ、福岡にクラウンライター一つでした。

今は北から、北海道日本ハムファイターズ一つ、東北楽天ゴールデンイーグルス一つ、関東に千葉ロッテマリーンズ、西武ライオンズの二つ、関西にオリックスバッファローズ一つ、福岡に福岡ソフトバンクホークス一つです。移動範囲はセントラル・リーグは関東から広島までですが、パシフィック・リーグは北海道から福岡までで、日本の端から端までです。以前は両リーグでどちらが強いか面白いかと競い合ったものですが、現在の移動距離の長さについては圧倒的にパシフィック・リーグです。

【アプリリリース告知】

ついにプロ野球ニュース速報のアプリ版が登場!

最新コラムのほか、勝敗予想ゲームでユーザー間の勝敗的中率を競い合おう!

【Google Play公式アプリ】

https://play.google.com/store/apps/details?id=baseball.d_sert.com.baseballap

iOS版も順次公開予定

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

Return Top