Read Article

大谷翔平の年俸が来季1億超え!成績は?162キロの海外の反応は?

大谷翔平の年俸が来季1億超え!成績は?162キロの海外の反応は?

日ハムの大谷翔平(20)の来季年俸が早くも話題になっている。1年目の2013年は投打ともに査定の評価を受け750万ずつのアップで年俸3000万だった。

2013年の成績が、

投手:13試合3勝0敗防御率4・23、野手:77試合45安打3本塁打20打点打率2割3分8厘というまずまずの成績。1年目ながら最速157キロのストレートをバンバン投げるところに若さの勢いやカリスマ性を感じていた。

2014年の成績は、

投手:24試合11勝4敗防御率2・61、野手:87試合58安打10本塁打31打点打率2割7分4厘と大幅に成績がアップ。特に投手に関しては著しく成長を遂げている。初の10勝と10本塁打。投打で10勝&10本塁打は、1918年にベーブ・ルースが13勝&11本塁打をマークして以来の96年ぶりの大偉業だ。

気になる大谷翔平の来季年俸は??

1年目は投打ともに750万アップの倍増3000万であった。ここで参考にするのは、メジャーにいった日本人投手に2人だ。今後、メジャー入りをするであろう大谷翔平の推移基準となる。

田中将大

2007年は11勝7敗で新人王のタイトルを獲得。当時は、年俸6000万までアップをした。2年目は9勝7敗1セーブで田中将大の野球人生で唯一10勝を逃した年になったが年俸9500万までアップ。現在は、大リーグのヤンキースに所属し7年総額163億。

ダルビッシュ

ダルビッシュは1年目は、5勝5敗と2年目の年俸が倍額の3000万にアップ。2年目から2桁をマークし12勝5敗で年俸7200万にアップ。のちに大リーグのレンジャーズに所属し、現在の年俸は10億。

大谷翔平の来季年俸は・・・?

現在が年俸3000万なので、2014年の投打の成績を配慮すると・・・

約1億~1億3000万と予想される。

査定ポイントとしては、初2桁勝利&10本塁打という二刀流を1年間行ったのが大きいだろう。打者としては2000~3000万上がる。そしてグッズ売上や観客動員数も査定ポイントの一つ。投手としては、日本人最速の162キロをマーク。2年目のダルビッシュを参考にすると4000~5000万は上がる見込みは十分にあるので”1億超え”は確実だろう。

しかし、驚くべきところはココ

まず、何よりも高卒2年目というところに目を向けて欲しい。日ハムというチームの中でチームトップの防御率と勝数、規定打席未達ながらもチームトップの打率をマーク。こんな高卒2年目はかつていただろうか?大谷翔平の順応力と野球に対する好奇心が成績によく反映されているなと思います。日ハムは、大谷翔平を育てるという野球界の責務を全うしている印象です。

打っても投げても話題が上がる大谷翔平の海外の反応は?

「打者・大谷」というよりは「投手・大谷」をメジャーは評価しているそうです。これはなぜなのか?

それはストレートを160キロ超える投手はなかなかいないというところ。そして、20歳という若さ。まだまだ成長に伸びしろがありダルビッシュや田中将大のように7年のNPB経験を経てメジャー入りになった時にとんでもないことになっているということ。球速は164~165キロまでは上がるでしょう。打撃のセンスもあるが、メジャーに行けば大谷翔平クラスの打者はゴロゴロいるわけです。ですので、メジャーでは”二刀流”はやらないでしょう。あの松井秀喜ですらメジャーでは中距離バッターでしたので、大リーグに打者としては向かないと思います。

大谷翔平の162キロは164~165キロまで速くなる!?【二刀流】http://xn--zck9a9a5cvb1fu626a0r4bs4yc8rd.jp/?p=951

今後、大谷翔平がどのような成長を遂げていくのか楽しみで仕方ありません。

【アプリリリース告知】

ついにプロ野球ニュース速報のアプリ版が登場!

最新コラムのほか、勝敗予想ゲームでユーザー間の勝敗的中率を競い合おう!

【Google Play公式アプリ】

https://play.google.com/store/apps/details?id=baseball.d_sert.com.baseballap

iOS版も順次公開予定

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

Return Top