Read Article

プロ野球のルールを初心者でも簡単に分かる覚え方まとめ

プロ野球のルールを初心者でも簡単に分かる覚え方まとめ

プロ野球好きな方!これから覚える方!プロ野球のルールって用語が多くて難しいですよね。ですが、初心者の方でも簡単に分かる覚え方をまとめてみました。ファウルや、ボール、ボーク、ストライクなど基本的なことからまとめていきます。

野球ってどんなスポーツなの?

野球というスポーツは、9人ずつの選手で成り立つスポーツである。2チームで、両チームが攻撃と守備を交互に繰り返しながら得点を取り合う(加算)していく球技です。英語ではベースボール(baseball)と呼ばれます。

野球は、守備についているチームの選手がボールを投げて、それを攻撃のチームの選手がバットで打つという動作が基本動作となります。バットを振ることができるスペースも決められており、バットでボールを打ち返すことができればグラウンドに置かれた「塁」という場所に走ることができます。「塁」は本塁(ホームベース)、1塁、2塁、3塁と4つ置かれています。これらを点と線で結んでダイヤモンドとも呼ばれています。得点までの流れとして、本塁(ホームベース)から左回りに1~3塁を周り、本塁(ホームベース)に帰ってくることができれば得点が加算されます。2チームで競い合うため、攻撃と守備には順番があります。基本的に先に攻めるチームを先攻。後から攻めるチームを後攻と言います。攻めているチームは、3回「アウト」を取られると攻撃の権利がなくなってしまい、相手チームに攻撃が変わります。両チームが1回ずつ攻撃と守備を交互に繰り返すことを「イニング(回)」と言って、先攻チームの攻撃の場合は「表」と称し、後攻のチームの攻撃の場合は「裏」と称します。

試合に勝利するためには?

試合は基本的に9イニングまで行われ、その時点で相手チームより得点が多いチームが勝者となります。9回終了の段階で両チームが同点の場合は延長戦を行う場合もあります。しかし、その場で試合は終了となり引き分けの場合もあります。

守備の位置(ポジション)紹介

基本的に、守備をするチームは9人がそれぞれの役割を持ち、特定の場所(ポジション)を守ります。

ピッチャー(投手):相手打者に対して投球を行う選手

キャッチャー(捕手):ピッチャーの投げる球を受ける選手

内野手:内野を守る選手(4人)

外野手:外野を守る選手(3人)

野球 ルール 初心者 簡単 覚え方 まとめ

BSOって何?

BSOとはB(ボール)S(ストライク)O(アウト)の略語になります。

一般的にこのような形で表示される形が多い。

野球 ルール 初心者 簡単 覚え方 まとめ

ストライクとボールの区別とは?

ストライクゾーンは打者の肩の上部とユニフォームのズボンの上部との中間点に引いた水平のラインの範囲を基本とされています。球審(審判)は、このストライクゾーンと呼ばれる空間を投手が投げた球が通過したという判定をし、打者がその球に対してボールを打てなかった場合にストライクとする。ストライクゾーン外に通過した場合は、ボールと判定をする。また、ストライクゾーン内外であっても打者が球に対して、空振りをしたり、ボールが前に飛ばなかったりした場合(ファウル)は、ストライク判定となる。

野球 ルール 初心者 簡単 覚え方 まとめ

打者のルール

打者は、バッターボックスと呼ばれる決められた範囲の中からボールを狙います。この範囲からは片足でも絶対に踏み出してはいけません。※バッターボックスの白ライン上なら問題なし

バントの時に、ボールに向かっていくという風に見られますが、この場合は「打者が白線を踏み出していない」限り問題はない。

アウトをとるためには?

いくつかアウトになるケースをご紹介します。

1、打者が三振をする

これは、打者が2ストライク時に空振りをすることでアウトとなります。

2、走者をタッチアウトする

打者が放った打球が守備側に抑えられ、走者が塁にタッチする前に、走者がくるであろう塁にボールを先に投げる。野球 ルール 初心者 簡単 覚え方 まとめ

塁に出た走者は、塁から離れている状態で「タッチ」をされるとアウトという判定を受けますが、ヒットを打ち、1塁ベースを踏む場合だけ走り抜けることが許されています。2塁、3塁の場合は走り抜けてしまった状態でタッチされるとアウトという判定を受けます。※1塁の場合も、2塁へ向かおうとして走り抜けた場合は、タッチアウトの対象となります。

3、フライを上げる

打者が、球を空高く打ち上げ、そのボールを地面に着かず(ノーバウンド)に守備側に捕球された瞬間にアウトとなります。この際に塁に走者がいた場合は、塁上の走者はフライを打ち上げる前にいた塁に身体のどこかを触れていなければなりません。走り出してしまっていて、元の塁に戻る間に身体か前にいた塁にタッチされるとアウト判定を受けます。

本塁打(ホームラン)とは?

ほとんどの方が聞いたことあるでしょう。ホームラン。これは、観客席や一定の距離を打球が通過した場合にその時点で得点が入るというものです。ホームランは野球の華とも言われていますね。ホームランを打つ前に、塁に走者がいた場合は走者の人数分さらに点が入ります。

意外と知らない野球ルールの盲点

意外と知らない野球のルールをご紹介。これを知っていればさらに野球が面白くなります。

偽投

ランナー1塁・3塁の場面で、右投げ投手が3塁に牽制をするフリをしているという場面がありましたが、今後はボーク扱いとなってしまいます。

※ヤクルトのライアン小川がやらかした3塁牽制ボークとは? http://xn--zck9a9a5cvb1fu626a0r4bs4yc8rd.jp/?p=575

ダブルスチール。

プロ野球では、盗塁というものがよくされます。足が速い選手が塁に出た場合は、ほとんどの確率で盗塁を狙ってきます。1塁から2塁へなど相手チームの隙をついて塁へでることを言います。ダブルスチールとは、「ランナー1塁・2塁」、「ランナー2塁・3塁」、「ランナー1塁・3塁」のような2人のランナーが同時に盗塁をすることです。2人同時にすることで相手チームはどちらに投げたらいいか惑わすこともできますし3塁ランナーはホームへ帰ってくることもできます。高度な技術です。

危険球

投手が打者に対して、打者の頭部への死球をすることを言います。文字通り危険な球を投げるので、警告や退場処分を受ける場合もあります。

オーバーラン

走者が走る道は規定で決められており、各塁を結ぶラインから左右90センチ以内を走らなくてはなりません。走塁時にこの範囲を出てもアウトにはなりませんが、守備側のタッチを避ける時などに範囲を出てしまうとアウトになります。野球 ルール 初心者 簡単 覚え方 まとめフェアゾーンとファウルゾーン

チームとってファウルになるのか、出塁できるのかという瀬戸際のゾーン。

ファウルゾーンにボールが落ちたのか、フェアゾーンに落ちたのかここが気になるところです。ボールが落ちるまでわからないので選手や観客にとっては歓喜か悲痛になるかどちらかなのです。野球 ルール 初心者 簡単 覚え方 まとめ

ダブルプレー

主に、走者が1塁にいた状態でのプレーが多く、その状態で打者が内野ゴロなどをし、1塁走者は2塁までの間にタッチアウト。打者は1塁までの間にタッチアウトと二つのアウトを同時に取れる美しいプレーです。

犠牲フライ

主に3塁走者がいて、アウト数はノーアウトは1アウトの状態。このとき打者は、大きく外野へフライをあげます。この時、外野がフライを捕球した瞬間に3塁走者がホームベースへ帰ってくることで1点追加されます。1アウトとって1点取る。これが犠牲精神なのです。

このように意外と知らない野球のルールをご紹介しました。次回野球見るときはプレーが予測や戦略が立てられ、野球が楽しくなるでしょう。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

Return Top